寝言は寝てから。

Sheep fall asleep untill...

岐路に立つ。

やるかやらないか、の選択を迫られた時、わたしは大半を「YES」と応えてきた。

そのほうが刺激的で楽しい。後悔することになってもね。

そして去年の年末、わたしはまた人生の岐路に立つこととなった。

 

「YES」の結果、わたしは来月に一年と四ヶ月ぶりに実家を離れて、

新しい場所で一人暮らしを始める。

今のお仕事も好きだけれど、もっと本来の目標に近づくチャンスを頂いたのだ。

その世界に生きる覚悟が、あの頃のわたしには圧倒的に足りなかったけれど、

そろそろですよね、そうですよね。また呼ばれたんだから、今度こそって。

不安も多いけれどやってみるしかない。やってみたい。

立てていた予定は立ち消えたり前倒し後ろ倒しになったりでてんやわんやだけど、

これはこれでやりがいもあるってもんです。ふふん。

 

そんなわたしが『イエスマン』という映画に出会って、おまおれ現象を経験したのは昨日のお話。

よーくかんがえよー。でもNOよりYESのほうが確かに人生楽しいよ。実体験。

師走の初めに

昨日親不知の抜歯をしてきたばかりなので、頬が腫れて痛む。痛みよりかは違和感の方が強いかもしれない。

直後~就寝前まではわりと平気で『なんだこんなものか』とおもっていたけれど、就寝時にやたら痛みが強くなってなかなか寝付けなかった。抜歯というのは、後からが面倒なようだ。

三日間休みをとったから明後日からまた出勤なのだけれど、ちゃんと喋ることができるか不安。加えて、抜歯後は歯肉や骨の再生時にできるかさぶたのような物質で口臭が酷くなるとネットの記事で読んで、いまから憂鬱になっている。マスクの着用を店長が許してくれるだろうか…。

右下だけでどんよりとしているのに、落ち着いたら更に左上下の抜歯も控えている。ハァ。

 

 

さて、師走。十二月。今日からちょうど一週間後に誕生日を迎え、わたしはまたひとつ年をとる。

去年の今頃のことを考えると、よく一年間を生き延びたなと思う。それに、色々と成長出来た(と自分では思うけどどうだかなぁ)。ちなみに背も5ミリ伸びたのよ。

去年の誕生日にはギリギリ、まだ恋人と呼べる存在がいたんだと思うと、別れてから長かったような短かったような。彼は元気にしているんだろうか。あとで困るような別れ方をしたわけではないので、いつまでもしぶとく生きていてくれると良いと思う。

 

クリスマス前後と年末年始はがっつりシフト入ってるので、心を無にして労働に勤しみます。全てのリア充にアンメリークリスマス。

わたしと140字の某

140字よりも長い文章を書く場所が欲しいとおもった。

 

あの場所はとにかく流れが早過ぎるし、千切れた文字を雑多に投げ込むならまだしも、文章としての言葉を並べていこうとすると酷く疲れてしまう。

こうやって全画面でブログの記入画面に向かっていると、懐かしい感覚を覚える。

高校生の頃は複数人でひとつのブログを書いたりしたものだけれど、社会に出てからはあまり長文を書くことがなかった。事務的な書類やらメールやら、そんなようなものはあるにしても、ああいったものは頭を使わない。それに140字ツールの台頭ですっかりブログ文化も廃れていたし。

 

最近また読書をとても楽しいとおもえるようになって、読書メーターにも登録してみた。休みの日には古本コーナーに何時間も入り浸ることが多い。通販サイトにも大変お世話になっております、ひらにひらに。

そして短期間でインプットする活字の量がどっと増えた分、アウトプットしておかないと脳みそが参ってしまいそうで、書き留めておく場所をここに求めたというわけでして。

 

誰がみてるともみていないともわからないこの場所の方が、わたしには合っていそうな気もしている。単に、求められるであろう上手いことが言えないだけなんだけれど。