寝言は寝てから。

Sheep fall asleep untill...

映画の日の話

映画の日(えいがのひ)は、1896年神戸市において日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して、1956年に日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)が制定した記念日

この日は、日本映画界の各団体が、多年にわたり日本映画に貢献してきた人々への記念式典や上映会とトークショー映画館の入場料割引などの事業を行っている。

Wikipediaより) 

 

12月、師走、わたしの誕生日と天皇誕生日とクリスマス、そして大晦日がある。

本日1日はなんでも映画の日らしいというのをTwitterで見て、ふらりと出かけてみた。

 

探偵はBARにいる3』『ジャスティス・リーグ』『ラストレシピ』『火花』『覆面系ノイズ』 etc...

 

 

映画館で観るなら、個人的にはドンパチやっちゃう感じのが良いんです。

ヒューマンドラマ系はテレビサイズでも普通に観られるし。

っていうと『ジャスティス・リーグ』なんだけれど、このメンツだとバットマンしか知らない。他のメンバーわかんない。わかんなくても楽しめそうだけど…

 

と、先に買ったポップコーンを食べながら考えること30分。

わたしはTwitterで話題沸騰(炎上)中の『鋼の錬金術師』のチケットをポチった。もちろん、ハガレン0の配布があるかどうかをスタッフさんに確認してから。

 

開始3秒で映像に違和感を感じ、1分もすれば十分にわかった。

 

これは「めちゃくちゃお金をかけて最先端CGを駆使した大人のコスプレお遊戯会」だ。

 

突っ込みどころがありすぎて、どこから突っ込めばいいのかわからない。

というか、もう「どこに違和感を感じずに済むのか」を探すほうが手っ取り早い。

 

各方で散々に書かれているであろう評価については割愛させてもらうとして…

 

とりあえずこれだけは言わせて。

 

 

なんでビジュアルにも載ってたブラックハヤテ号が出てこないの!?!?!?!

せめての救いであるもふもふ成分を!!なんで!!削ったーーーーァ!!!!!!

 

 

アレキサンダーは可愛かったです。